憧れの二人暮らし!でもいいコトだらけではないこと、知っておいてください!

◆同棲をはじめたら生活費は半々?


恋人になってお互い一人暮らし同士だったら
同棲してしまっった方が手っ取り早いと感じるでしょう。

お互いがそれぞれ家賃や光熱費などの生活費を払っているよりだったら
二人暮らしした方が経済的になります。

男性と女性とで給料に差はあるでしょうが、 基本的には半々になるでしょう。

わりと問題になりやすいのが食費のことです。

一緒に買い物すれば単純に会計を折半もできますが なかなかそうもいきません。

しかも食事を作るのがどちらになるか、 食事の量も違ってきます。

習慣的にお酒を嗜好する方などは結構な出費です。

この辺もある程度決めておかないと争いの種になります。

二人で外食するのも割り勘は免れないかもしれません。

食費のところでもし彼女側が買い物したり料理したりするのであれば
そのあたりでは 少し男性側に多めに出してもらうとか、
逆に女性はお風呂やシャワーや洗濯をたくさんするでしょうから
光熱費を少し多めに出すなど、 生活費の全体のバランスを折半するのもいいでしょう。

同棲してその後結婚という選択肢もそのうち生まれるかもしれません。

結婚で生活もそうですがお金のことも重要になってきます。

将来に向けて毎月きちんと貯金をしているのか、
浪費が激しく、給料日前になると「今すぐお金を借りたい」となるのか、
同棲して生活費を折半することで、相手の経済観念を知ることができるはずです。


 

メニュー