憧れの二人暮らし!でもいいコトだらけではないこと、知っておいてください!

◆正社員の私がバイトの彼より多く支払うべき?


同棲をしているカップルには、生活費の負担をどうするかという問題がつきものです。

家賃や光熱費、食費をどう分担するかは人それぞれで正解を探すのは難しいですが、
二人とも正社員として仕事をしていれば、
収入に応じた負担を分け合うのは難しくないと思います。

それでは、女性が正社員で男性がアルバイトの場合はどうでしょう。

よほど稼げるアルバイトでもない限り給与の違いは大きく、
「バイト代少ないから」という理由で彼女に負担を任せてしまう男性も
多いのでないでしょうか。

アルバイトの男性と同棲することをあなたが決意したなら、
最初の段階である程度の負担は覚悟しておきましょう。

彼に定職についてもらうのが最善ですが、
そういう状態の男性と二人暮らしをすることが何を意味するのか、
どんな問題が起こるのかはその人を選んだあなたが覚悟しなければなりません。

一方で、同棲をはじめてから生活にかかる費用をどちらが払うかで揉めないように、
あらかじめ彼と相談して、負担の分配をどうするか決めておくのが良いでしょう。

もちろん一番の近道は定職についてもらい早く公平な負担にすることですが、
約束事として生活費をどのように分担して払うかを決めておけば、
同棲後のトラブル回避になります。

相談無しで適当にすると、
消費者金融で即日借入という風になってしまうかもしれません。


 

メニュー